まめログ〜おまめの育児日記〜

長野県の田舎の会社員(2017年10月から職場復帰)が綴る1歳娘の育児日記

卒乳したときのこと

おまめは1歳か1ヶ月で、わりと穏やかに卒乳できた。職場復帰するにあたって、卒乳したことでいろいろと助かった。

何と言っても、夜よく寝られることと、パイが張らないこと!復帰のためにコレ重要!

 

以下、卒乳に向けてやったこと。

 

●11ヶ月ころ、夜間授乳をやめた

→  最初の1週間は夜中に何度も起きて泣くので全然寝られず辛かった。お茶飲ませて抱っこであやすけど、授乳は絶対しない。10日目くらいから安定して夜ずっと寝てくれるようになった。そして母乳の量が減って、パイがあまり張らなくなった。

 

●夜間授乳やめるのと同時に、寝る前のイチャイチャタイムを設けた

欲求不満にならないよう、ただひらすらベッドでイチャイチャする。(寝かしつけはなるべく抱っこしないようにしたけど、たまにどうしても抱っこのときあり。あまりこだわらないようにした)

 

●日中の授乳も徐々に減らして、朝(起きたあと)と夕方(4時頃)の2回だけにした

→たまにパイが詰まって乳腺炎になりかけた(死ぬほど痛い)。その時は、回数にこだわらずひたすら飲んでもらった。詰まり解消が最優先。

 

●授乳クッションを隠した

授乳クッションを見るとパイパイを思い出して泣いてしまうので、見えないようにコタツの中に隠して、朝と夕方の授乳の時だけサッと出して終わったらすぐに隠した。

 

●『パイパイ』と言わないようにした

クッションもそうだけど、パイパイを思い出させる要素をひたすら排除!

 

そうこうしているうちに、朝パイだけになり、朝も飲まなくても平気になり、数日飲まなくても平気になり、どうしてもパイが張った時だけ飲んでもらうようになり、次第にパイが張らなくなり…

 

そんな感じで、おまめは1歳1ヶ月で卒乳した。(今では見向きもしない)

最初の数カ月はいろいろ悩んだりもしたけど、パイパイありがとう、おつかれさまでしたー!

 

 

ヽ(´▽`)/