まめログ〜おまめの育児日記〜

長野県の田舎の会社員(2017年10月から職場復帰)が綴る1歳娘の育児日記

母乳育児の話3 試したこと

先に書いた通り、私ははじめ母乳が思うように出なかった。祖母や母と同じように当たり前に出ると思っていたためかなりショックで、ノイローゼ級に悩みながらもなんとか母乳育児が軌道に乗ってきた。
その過程で私が試したことをまとめる。

【乳首の痛みに対して】

赤ちゃんの吸う力ナメてた。超つよい。最初めちゃめちゃ痛くて怖くて自分の乳首ちゃんと見れなかった(キズが出来てたり赤くなってたらて心が折れそうで…)

そんなときは、ピュアレーン、または、ランシノーを乳首にこってり塗り、さらにサランラップを5cmくらいに切ってラップパックする。

ピュアレーンもランシノーも、ラノリンという羊の油で赤ちゃんの口に入っても問題無いということ。どちらかというとランシノーのほうがニオイが無くてよかった。

ラップパックは4ヶ月になる今でも続けている。乳首が乾いてる状態がなんだかイヤなので。

【母乳不足に対して】

1、ごはんすごい食べる。
ドゥーラハウスのおばあちゃん先生に言われた。一食二膳!

2、たんぽぽ茶一日中飲んでる。
薬局『とおしや』でも売ってたけど、通販で買ったティーライフのたんぽぽ茶が濃くてよかった。熱々のをフーフーしながら飲むと体があったまる。
夜中の授乳時にも飲めるように、保温の水筒に500mlくらい入れて枕元に置いてる。

3、夜中に1回以上授乳する
おっぱいが話1でも書いたけど、夜は母乳分泌がよいので、ここで授乳しておかないともったいない!
飲めれれば飲まれるほど母乳量が増えるというけど、これはその通り実感した。

4、おっぱいマッサージに行く
巷では桶谷式とか人気らしいけど、近くになかったので近所のドゥーラハウスのおばあちゃん先生にお願いした。ちょっと痛いけど、しこり解消にもなるし開通早められるし、悩み相談や赤ちゃんの体重測定もできたのでよかった。


これら試してたらだんだんと分泌が改善されてきた気がする。悩んでる人がこの記事見てたらお試しあれ。

( ´ ▽ ` )ノ